準中型免許

 平成29年3月12日に施行される道路交通法一部改正では、普通免許と中型免許の間に「準中型免許」ができます。
 準中型免許ができると法改正後に取得した普通免許で運転できる車両は、車両総重量3,500kg未満、最大積載量2,000kg未満、乗車定員10人以下(現行の普通免許は車両総重量5,000kg未満、最大積載量3,000kg未満、乗車定員10人以下)になります。
 現在普通免許を取得しようとしている方は、なるべく早く教習所を卒業し、法改正までに公安委員会の学科試験に合格した方が有利です。